釣り愛好家が頻繁に得る最も一般的な質問の一つは、次のとおりです。

スポーツは、通常、選手にとって楽しまれる活動、肉体的な努力、競争力とスキルの感覚を必要とする活動として定義されています。 これらの基準を考えると、のは、釣りが伴うものをよく見てみましょう。

それは身体の健康を改善します:

スポーツは、一般的に、カロリーを燃焼させることによって、それらを練習する人が健康を維持するのを助けます。 小さな魚と戦っても、釣り人は背中の腕、脚、コアを使用する必要があり、これは身体の健康に有益であることを証明することができます。

さらに、釣りは釣り人に代わって意識と焦点を必要とし、これは彼/彼女が仕事や人生自体からの緊張から解き放たれ、カットするのを助けることがで ある意味では、釣りは瞑想と同じ利点を漁師に提供することができます。 その結果、魚の人はよりリラックスして不安が少なくなります。

数多くの研究で、釣りは釣り人のコルチゾールレベルを低下させることが指摘されており、この効果は釣り旅行後最大3週間続く可能性があります。 これが、PTSDに苦しむ人々を助けるために釣りが頻繁に使用されてきた理由です。

スキル:

釣りになるとスキルは本質的なものです。 ベテランの釣り人または単に愛好家の場合は、おそらく釣りは、決して、正確な科学であることを知っています。 たとえば、あなたが一日の魚をキャッチするために使用する餌は、あなたが取る次の旅行中に効率的ではないかもしれません。

一日の終わりに、成功した漁師になるためには、頻繁に練習しなければならず、忍耐と強さが必要です。 釣りのように多くの種類があるので、あなたはそれらを練習するために別のスキルを取得する必要があります。

重い魚を捕まえるときは、それと戦う方法を知らなければならず、これには強さと決意が必要です。 釣りの挑戦的な日は、他のスポーツは、多くの場合、プロスポーツ選手にあるのと同様の方法で物理的にも精神的に排水を証明することができます。

ルール:

他のスポーツと同じように、釣りは一連のルールを意味します。 これらのルールは、多くの場合、ある状態から別の状態に異なる場合があります。 海洋生物を保護するために多くの規制が設定されています。 このため、いくつかの地域では様々な種の魚に長さの制限があります。

釣れるようにするには免許を購入し、地方自治体が定めた規制を守らなければならない。 そうしないと多額の罰金になる可能性があります。

競技:

釣りは、いかなる種類の競争も伴わない孤独な活動であるとしばしば考えられています。 しかし、この声明にはいくつかの真実がありますが、それは完全に正しいわけではありません。 釣り愛好家のために毎年数多くの釣り大会が開催されています。 アメリカでの最初のベース・トーナメントは1967年6月に最初に組織され、アーカンソー州ビーバー湖で開催された。 100人以上の釣り人が参加した。

現在、米国だけで毎年約30,000から50,000の釣り大会やダービーが開催されていると推定されています。 これらのトーナメントのそれぞれは、6または10時間から数日間続くことができます。

初心者の釣り人がこれらの大会に参加することを許可しない特別な規制はありませんが、プロレベルの大会に参加するにはある程度のスキルが必 これは、経験の浅い釣り人が最初にクラブレベルのイベントに参加することによって彼らのキャリアを開始する理由です。

トーナメントに入ることは笑い事ではありません。 実際には、これらのイベントの前に、釣り人はしばしば彼らが競争が開催されている湖に精通するのに役立つ専門のセミナーに参加します。 別にスポーツ自体の良い理解を持っていることから、漁師はまた、彼らが魚の環境について学ぶ必要があります。

プロの怒りは、年の時間や気象条件に関係なく、あらゆる水域で魚を見つけて捕まえるスキルを持っているものです。 彼/彼女はまた、様々な種類のボートを操作する方法を知る必要があります。

全体として、釣りの特殊性を考えると、それがスポーツであると主張するのは安全です。 他の多くのスポーツと同様に、プロと愛好家の区別は、スキル、トレーニング、各釣り人の才能にあります。 あなたの釣りのスキルを向上させたい場合は、そのようなあなたがそうするために使用できるcastableソナーなどのガジェットがたくさんあります。

34ビュー

この記事に記載されている意見や意見は著者のものであり、必ずしも当社、パートナーおよび他の組織の意見を反映するものではありません。 私たちのブログで提供される情報は、私たちの知る限り真実ですが、私たちは提示された情報の信憑性、信頼性または完全性を保証するものではあ 任意のアドバイスや意見は、情報提供を目的としたものであり、専門家の助言に代わるものとして解釈されるべきではありません。